2013年03月08日

春のプログラム

暖かい日が続きだしてようやく春の訪れが感じられるようになりました。

さて、まだ少し早いですがプログラムで桜の飾りを作りました。

折り紙で作った桜はゲームの景品にしたり、利用者さんに作ってもらったりしています。
大きいサイズのものは存在感がありますが、小さいとそれはそれでかわいらしい飾りになっています。それぞれのセンスが現れて面白いです。

もう一つの飾りは毛糸を鎖編みしたものを花びらの形に成型してつなげたものです。
女性だとほとんどの方は鎖編みができるようで、慣れた手つきですいすい編んでくださいました。皆で協力して作ったものなので、完成すると自然と拍手が。花びら一つでもきれいですが、いくつか作ればより栄えるんじゃないかなと思います。またお願いして作ってもらえたらなーと思います。

花粉やPM2.5など辛いこともありますが、桜の時期が待ち遠しいですね。

s-sakura.jpg
posted by たゆらか at 17:35| 日記

2013年02月15日

笑いと認知症予防

皆様いかがお過ごしでしょうか。

最低月一回は更新を目標にしているたゆらか通信。見事に月一回更新ペースです。

毎回何かしらネタがあるのですが、今月は特に書くことも思い浮かばず…。

そんなわけで、最近読んだ論文についてご紹介します。

「笑い・ユーモア療法による認知症の予防と改善」という論文で、笑うことが脳の機能が低下するのを防いだり、機能改善にどのように関係しているのかということについて調べたものです。

様々な調査をした結果、笑いと脳の機能にはどのような関係があるかというと、

・男性に比べて女性の方が毎日声を出して笑う頻度が多い
・年齢を重ねると笑う頻度は減少する
・うつ症状があると笑う頻度は少ない
・ほとんど笑う機会がない人はほぼ毎日笑う人に比べて男性で2.11倍、女性で2.60倍脳の機能低下症状を持つリスクがある

といった関係が見られています。

これらの結果は認知症ではない高齢者が対象であったり、短期間の介入のため、笑いがどの程度認知症の予防や改善に効果があるかについてはまだまだ分からないことも多いです。

皆さんは日々楽しく笑って過ごせてますでしょうか?

引用
大平哲也、広崎真弓、今野弘規他.笑い・ユーモア療法による認知症の予防と改善.老年精神医学雑誌 22 32-38 (2011)

posted by たゆらか at 15:14| 日記

2013年01月30日

お出かけしました

寒さは続けど、日もだんだんと長くなってきていますね。
春の訪れも近そうです。

さて、今回は外出プログラムを実施したので紹介します。
行先はいくつかありますが、とりあえず浅草。

たゆらか倶楽部から浅草まで車で40分ほどでしょうか。
移動中の車からは東京タワーが見え、浅草に着くとスカイツリーが見え。

平日にも関わらず、人で賑わっていました。
浅草では仲見世通りを散策したり、浅草寺でお参りしたりおみくじ引いたり。
ちょっと遅めの初もうで。

ちなみに、スタッフのおみくじは吉。
万事良しとのことなので、今年はいいことがありそうです。

利用者さんは疲れたみたいで、帰りの車の中では眠ってしまっていました。
疲れたとはいえ、楽しんでくださったようで何よりです。

asakusa2.JPG


s-asakusa1.jpg
posted by たゆらか at 17:09| 日記

2013年01月04日

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。

たゆらか倶楽部は本日から営業しています。
クリスマスも終わり飾り付けも新年ムードになっています。

早速鏡餅を飾りました。
s-kagamimoti.jpg

この鏡餅、実は先月まではこんな飾りでした。
s-yukidaruma.jpg

利用者さんが編んでくれた雪だるまを帽子とマフラーをとって裏返したもの。
先月に話していましたが、編んでくれた利用者さんも実際見ると「便利でいいね〜」と笑ってました。

こんな感じで新年ものんびりと過ごしていただけるようにしたいと思います。

ノロウイルスがすでに流行っていてインフルエンザも注意が必要な時期です。
皆様体調には十分に気を付けてくださいね。
posted by たゆらか at 18:40| 日記

2012年12月27日

事例報告が掲載されました

マヤの暦では12月21日で世界が終わるなんて終末論のうわさもありましたが、何事もなく過ぎ、今年もあとわずかとなりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、たゆらか倶楽部のご利用者についての事例報告が認知症ケア学会の認知症ケア事例ジャーナルという雑誌に掲載されました。

現場で検討が必要となった利用者の問題について、その様子を詳細に観察し、方針を立てて対応したことで一定の改善が見られたという報告です。

デイサービスなどの施設で働く専門職向けの内容ですが、そのうち認知症ケア学会のホームページから購入できるようになるみたいなので、興味のある方は読んでみてくださいね。

たゆらか倶楽部は土曜日まで営業しています。
それでは皆様、良いお年をお過ごしください。


「神経心理学的視点を取り入れたアプローチにより誘導困難に改善が見られた重度若年性認知症者の事例」 認知症ケア事例ジャーナル 5巻3号 pp229-pp235 2012
posted by たゆらか at 18:17| 日記

2012年12月03日

雪やこんこ

早いもので今年もあとひと月。

たゆらか倶楽部は12/30(日)〜1/3(木)までお休みとなります。

冬で有名な歌と言えば「雪やこんこ」。

こんこの正確な語源は不明らしいですが、「来む来む」が由来との説があるそうです。
雪よもっとふれふれということですね。

雪と言えば雪ダルマ。
ということで、普段ご利用時に編み物をされる利用者さんにお願いしたら編んでくれました。

s-yukidaruma.jpg

ちょっと首をかしげてかわいらしくできています。冬のマスコットキャラになっています。
裏っ側は真っ白なので、正月になったら鏡餅代わりにも使えそうです(笑)

ちなみに、手前のクリスマスツリーは先日利用者さんと皆で作ってみた物。クリスマスシーズンなので、色々作れればなと思います。

寒さも厳しくなってきてますので、体調には気をつけてくださいね。
posted by たゆらか at 11:40| 日記

2012年11月09日

年末年始休業のお知らせ

早いもので今年も残り2か月となってまいりました。

たゆらか倶楽部の年末年始のお休みが決まりましたのでお知らせ致します。



休業日:2012/12/30(日)〜2013/1/3(木)



年明けは1/4(金)からの営業となります。

どうぞよろしくお願い致します。
posted by たゆらか at 10:52| 日記

2012年11月02日

昼食が変わりました!

気づけば今年もあと2か月…
だんだんと木枯らし吹き荒れる季節になってきました。
風邪やインフルエンザが流行る時期なので、手洗い、うがいなどまめにしています。

さて、今月からたゆらか倶楽部の昼食が変わりました。
今まではプラスチックの弁当箱におかずが入っていましたが、一つ一つ陶器のお皿におかずをのせるようにしました。

いかにもお弁当という感じだったのが、ちょっと高級感のある食卓になりました。
写真はこんな感じ。
食事.jpg

食事はまず目で楽しむもの。
実際に食器の色やおかずの配置といった見栄えによって食欲も変化するそうです。

これだけの手間があるならさぞ高い料金なんだろうと思われるかもしれませんが、実は今回の昼食変更と共に食事代が安くなりました。

値段は安くなっても、食事の質は高くなってますのでご安心くださいね。
posted by たゆらか at 12:01| 日記

2012年10月18日

更けゆく秋の夜

秋もだんだんと深まってきました。
タイトルは「旅愁」の最初の歌詞です。

秋と言えば松茸。
あまり今のお年寄りには馴染みがありませんが、ハロウィンもあります。

ということで、秋飾りとして作ってみました。
matutake.jpg

ハロウィンのカボチャは中延商店街の花屋で購入。一個200円。目と鼻と口を切って両面テープで貼ったものです。簡単なので、今度利用者さんにも作ってもらおうかなと思っています。

松茸はティッシュで形作りガスコンロで炙って作ったものです。
パっとみた感じ良くできてて、箱に入れると高級感がありますね。
利用者さんにも好評で、家に持って帰りたいと話す方も。持って帰ってもらったら、奥さんが一瞬騙されたそうです(笑)

秋が終わればすぐに冬。冬飾りはどんなものを作ろうかなぁと今から考え中です。
posted by たゆらか at 09:14| 日記

2012年09月21日

認知症300万人時代

ようやく少しずつ涼しくなってきた気がしますがまだまだ暑い日が続いてますね。

さて、先月の新聞記事になりますが、認知症者が300万人を超したという記事が掲載されていました。

平成22年時点での推計では、認知症者は平成27年でも250万人程と予測されていましたので、推計をはるかに超えるペースでの増加になります。

ただ、認知症者が増えているというよりも、認知症に対する知識の普及により早期の段階で受診する方が増えたために、今まで見逃されてた方が見つかるようになったということが大きいと思われます。

認知症は症状の特徴のために介護を困難にすることが多い疾患です。今後、より質の高い介護が求められるようになります。

例えば専門介護福祉士の資格認定など提案されていますが、まだ実施されていないのが現状のようです。

たゆらか倶楽部としても、ご利用者にどのようなケアができるか考えて参りたいと思います。
posted by たゆらか at 09:05| 日記