2012年08月20日

ビューティフルレイン

暦の上では秋とはいえまだまだ暑さが厳しい毎日です。
熱中症予防気をつけないとですね。

最低月一回の更新を目標にしつつも、今月はネタもなく…。
とりあえず最近見てるドラマの話。

日曜9時からフジテレビでやっているビューティフルレイン。
最近ドラマはあまり見ませんが、若年性アルツハイマーのストーリーということもあり毎週見ています。

何回か前の話で主人公のけいさんが職場の社長に若年性アルツハイマーだということをカミングアウトしていました。

こういった病気や障害に関するカミングアウトはかなり精神的に負担が大きいことが知られています。病気や障害に対する社会的な偏見や、周囲の理解を得られるだろうか?仕事はどうなるんだ?といった不安など、様々な悩みが生じます。

幸い、けいさんの職場は理解のある職場で周囲も協力的でした。
ただ、今度は娘と一緒に暮らすかどうかという問題がでています。

アルツハイマーは進行性の疾患。今後自分がどのようになるかもわからない中、自分のために娘の将来をなくしてしまうわけにはいかない…。そんな苦悩の末、娘を義父母の元に預ける決心をしています。

実際このような相談を受けたらどうすることがいいのだろうか。単純にドラマのストーリーを楽しめばいいんでしょうが、職業柄かそんなことを考えながら毎週見ています。

とりあえず、これから録画を見ようと思っていたりしている方がいたら話の内容ばらしてしまってすいません。

posted by たゆらか at 18:46| 日記

2012年07月18日

熱中症対策

梅雨も明けいよいよ夏本番ですね。

昨日は利用者さんを連れて近所のメープルという喫茶店にお茶をしに行きました。
ホットサンドが名物らしいのですが、さすがに昼過ぎには食べられず…ケーキセットを注文しました。

maple2.jpg
お店の外観。たゆらか倶楽部から徒歩1分くらい。

maple.jpg
メープルシロップがたくさん使われていてふんわりした食感のシフォンケーキ。季節のアイスクリームを添えて。

暑いので外出も大変ですが、たまにはこんなのもいいですね。

さてさて、この時期にもっとも注意しないといけないのが熱中症。
外に出なければ大丈夫と思いきや、室内でも起こりえます。

熱中症は体の水分や塩分のバランスが崩れたり体温の調節ができなくなった状態です。
重症化すると死亡の恐れもあるので予防が重要です。予防点を紹介します。

@のどが渇く前に水分を取る
 一日1.5〜2ℓ程度の水分を取りましょう。外出時も携帯するとよいでしょう。
A体から熱を出す
 首や脇の下を冷やすと体温が下がりやすいです。
B暑さを避ける
 暑いのを我慢せず、冷房や扇風機を使いましょう。
C体調管理に気を付ける
 バランスの良い食事、十分な睡眠など、体調管理に気を付けましょう。

高齢者は特に熱中症の危険が高いため、少しでも様子がいつもと違うと思ったら早めに受診しましょう。

参考:品川区熱中症対策チラシ
posted by たゆらか at 08:09| 日記

2012年06月19日

認知症早期在宅ケア

6月ももう半ば。だんだん暑くなってきましたね。介護保険の改正から早2か月。ようやくペースも慣れてきたかなという感じです。

さてさて、一昨日の読売新聞の一面に認知症早期在宅ケアに関する記事が載っていました。

専門家を派遣し、認知症の早期段階からケアすることで在宅生活の継続や長期入院の抑止を図ることが狙いのようです。

平成18年度の介護保険法の改正から介護予防という概念が出てきました。
介護予防のための指標としては、基本チェックリストという25項目の評価票が用いられています。ちなみに、厚生労働省のホームページに介護予防マニュアルが掲載されています。http://www.mhlw.go.jp/topics/2009/05/tp0501-1.html

これは運動・栄養・口腔・閉じこもり・認知症・うつに関する項目について「はい・いいえ」で答えられるアンケートを実施することで、将来要介護になる恐れのある高齢者を早期発見しようというものです。

ただ、これまでは主に運動・栄養・口腔に焦点があてられており、閉じこもり・認知症・うつについてはあまり焦点があてられてきていなかったように思います。精神医学的な要因が大きく関わっており判断が難しいことが影響しているのかもしれません。

認知症早期在宅ケアの対策である「初期集中支援チーム」ができれば、このような問題についてある程度対応が取れていくのかもしれないですね。認知症はうつを併発することも多いので、このような取り組みが認知症に限らず、高齢者の精神保健全体の向上につながっていけばいいなと思います。

今後どのように実施されるか注目です。
posted by たゆらか at 11:56| 日記

2012年05月10日

たゆらかのとある一日

年度が明けてから早一月。介護保険の改正等もありましたが、新しい体制にもだんだんと慣れてきました。

さてさて、先日、たゆらか倶楽部に職員のお子さんが遊びに来ました。
兄妹でお兄ちゃんは利用者さんと将棋を、妹さんは習っているバイオリンを披露してくれました。

将棋はさすがに年季の違いか、利用者さんが勝ちましたが「強かった。これからが楽しみだね。」と笑って話していました。

バイオリンの演奏には、一所懸命弾く姿に涙を流して感動される方もいました。終わった後には拍手喝采。ちょっとだけ照れる姿がまたかわいらしく、利用者さんも笑顔でした。

なかなか機会がありませんが、こういう交流も増えていくといいなと思います。

s-P1020064.jpg
posted by たゆらか at 10:42| 日記

2012年04月07日

お花見に行きました

桜も満開。今日明日あたりは上野公園が賑わいそうです。

春になると陽気な人が増えてきますね。
桜は人を狂わせるなんて言葉がありますが、桜の花粉には興奮を誘発する「エフェドリン」という物質が含まれているそうです。また、桜の花びらには二日酔いを緩和する効果があるそうです。花見でどんちゃん騒ぎというのは案外理に適っているんですね。

たゆらか倶楽部でも散歩がてら近所の公園に花見に出かけてきました。
利用者さんも「こういうのもいいね。また行きたいね。」とにこやかでした。

この辺だと目黒川沿いやかむろ坂、昭和大学前の桜並木あたりはきれいですね。
送迎時に通ると心が和みます。

あっという間に咲いて散ってしまう桜ですが、だからこそ心惹かれる花なのかもしれません。
s-P1020078.jpg
posted by たゆらか at 13:22| 日記

2012年03月22日

若年性認知症モデル事業報告会

先日、若年性認知症モデル事業報告会を聞きに都庁まで行ってきました。

若年性認知症は65歳未満で発症する認知症のことをいいます。
認知症の中で一番多いアルツハイマー型認知症ですが、この病気を見つけたアルツハイマーの症例も65歳未満の患者だったそうです。

日本における若年性認知症は平成18年度〜平成20年度で3.78万人、平均発症年齢は51.3(±9.8)歳と報告されています(厚生労働省)。

若年性認知症は高齢発症の認知症とは異なる特徴があります。
例えば、

・認知機能の低下に比べて運動機能は保たれている。
・働き盛りの年齢のため、特に家計を支える人が発症した場合経済的な影響が大きい。
・認知症=高齢者というイメージがあるため、本人だけでなく、周囲の人も疾患を受け入れにくい。
・介護者の負担も大きく、うつ状態になる介護者も多い。

などです。

他にも特徴の違いはありますが、このような特徴のために高齢発症の認知症とは異なる支援が必要となります。

経済面に関しては色々と利用できる社会保障制度があるのですが、報告会では制度を利用している人は少ないとのことでした。これらについては、周囲もどこに相談すればいいのかわからないといった要因があるのかもしれません。

また、本人に対してはデイサービスの利用などが勧められますが、通常のデイサービスは高齢者中心になるため、通所が継続しないという問題もあるようです。
これに関しては若年性認知症専門のデイサービスの必要性が報告されていました。

早期にいかに適切な支援を得られるかがその後のQOLに大きく影響しますが、若年性認知症者に対する支援はまだまだ整備されていないのが現状です。

今回のモデル事業を始めとして、支援体制の早期整備が望まれます。

posted by たゆらか at 11:31| 日記

2012年02月29日

介護保険の改正

新年のあいさつをしてからあっという間に2月も終わり…。
ブログもさんざんサボっていたので今度こそは頑張って更新します。

さて、4月からの介護保険改正に向けて色々と検討が進んでいます。

2月初旬には事業所に対して介護報酬改定の説明会がありました。
利用時間枠や介護報酬の変更など、どの事業所もどのような方針で行くか悩ましい様子でした。

先日、厚生労働省のホームページに介護保険の改正案が出ていました。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000239zd.html
事業所向けですが参考までに。

とはいっても事業所だけでなく利用者さんにとっても今回の介護保険改正で利用料の変更などがあります。これまで品川区の認知症対応型のデイサービスでは介護保険は1単位につき10.83円でしたが、4月からは1単位につき10.99円になります。また、介護職員の処遇(賃金等)を改善するため0.88%〜4.2%の加算が新たに設けられます。

4月の改正の対応に向けてたゆらか倶楽部でも準備や検討を進めています。
色々とご意見等出てくるかと思いますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

posted by たゆらか at 19:11| 日記

2012年01月04日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
昨年は大変な一年になりましたが、本年が皆様にとって平和で健やかな年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

私事ですが、正月は旅行に行ってみたり、親戚の家で宴会したり、箱根駅伝を見たりとのんびりしてました。順天堂大がシードを取れて嬉しい限りです。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?

たゆらか倶楽部は今日から営業しています。
本年もどうぞよろしくお願い致します。
posted by たゆらか at 10:06| 日記

2011年12月30日

精神保健福祉士募集!!(併設クリニック求人)

たゆらか倶楽部に併設の荏原中延クリニックで精神保健福祉士を募集しています。

以下は募集要項です。

施設名称  荏原中延クリニック(心療内科・皮膚科)
応募資格  精神保健福祉士資格保持者(資格取得見込み者可)
雇用形態  常勤
採用人数  若干名
住所   品川区中延2-15-5 
主な業務内容  
@受付業務
ADrスケジュール調整等のマネジメント業務
B新患対応相談業務
給与・待遇 基本給165,000円以上、資格手当、通勤手当
  賞与制度あり
勤務時間帯 8:30-18:00
勤務日   土曜日を含む週5日
休日・休暇 週休2日制、有給休暇、年末年始休暇
福利厚生  健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険
アクセス  東急池上線荏原中延駅徒歩1分
  東急大井町線・都営浅草線中延駅徒歩7分
応募方法  まずは電話にてご連絡ください。
連絡先   03-3784-7013(担当:川鍋)
採用予定日 即時(応相談)

多忙なドクターのサポートができるとともに、精神保健福祉士の専門性を活かして地域における精神科臨床に携わりたいと考えている方のご応募をお待ちしております!!
posted by たゆらか at 11:56| 日記

2011年12月29日

今年もお世話になりました。

気づけばもう今年も終わり。
ブログの更新頻度を上げようと思っていましたがすっかりご無沙汰に…。
来年こそはたゆらかの様子を伝えられるよう頑張ります。

今年も一年大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎え下さい。
posted by たゆらか at 10:49| 日記